エスカイヤクラブ

エスカイヤクラブの入り口

エスカイヤクラブ(esquire club)は美しいバニーガールがおもてなしをしてくれる会員制クラブです。エスカイヤクラブはガールズバーではありません。しかし、バニーガールがいるお店としては日本で最も歴史が古い部類に入ります。そんなお店をバニー好きな私が調査しないという選択肢はありません。また入会条件が地味に厳しいためか、なかなかエスカイヤクラブの情報が出回らないので、私がエスカイヤクラブに行った感想や様々な情報をまとめて色々と紹介します。おまけで、よく質問にあがる「指名や同伴はあるのか?」という点については【料金システム】の項目で説明します。

エスカイヤクラブとは

エスカイヤクラブは1964年から続く紳士の社交場として誕生しました。「クラブ」とあるように入会資格を持つ人が審査を受けて会員になって初めて利用できます。運営するのは1955年創業のダイワエクシードで、ボトルキープ制を日本で初めて導入したことでも知られています。エスカイヤクラブの成功と共に成長し、現在はグループ内に複数の飲食ブランドを抱えています。

エスカイヤクラブの特徴は会員制であることと、バニーガールがおもてなしをしてくれることです。年齢と役職等で入会資格が厳しく設定されているので、紳士の社交場としての品位がある空間になっています。また、その空間に見合う美しいバニーガールがお店の入り口から案内をしてくれ、注文をとり、お酒や料理を運んでくれます。西洋・中華・日本料理本場仕込みのシェフによるメニューはどれも絶品です。

仙台、新潟、東京(新宿に2軒、銀座、日比谷、赤坂、池袋)、横浜、名古屋、大阪に3軒、福岡の全14店舗あります。店舗により個室、パーティルーム、カラオケルーム、ステーキコーナー、バーカウンターが設置されているところがあります。また扱う料理も異なります。詳細はエスカイヤクラブ公式サイトで確認してください。

>>目次に戻る

お店の雰囲気

私はまだ横浜店にしか行っていませんが、できる限りエスカイヤクラブの雰囲気を伝えたいと思います。ちなみに、横浜店の場合はビルの1フロア丸ごとエスカイヤクラブですが、エレベーターを降りた時はかなり暗いです。一体どこがエスカイヤクラブの入口なのかと困惑しますが、よーく周りを見渡してみると壁にポツンと1つのドアがあります。このドアは会員カードをカードリーダーで読み取ると開きます。初めての時は戸惑うかもしれませんが、とにかくドアを探しましょう(笑)

入口からホテルのようにゴージャス

エスカイヤクラブの入り口

店内は料理とお酒以外の写真撮影は禁止なので、がんばってイラストにしました(笑)横浜店の場合、入口のドアを通ると、上のイラストのように少し広いエントランスがあります。1人用のソファーが2つ、2人用ソファーが1つ、ローテーブルが1つ置いてあります。この時点で「あ、ここはゴージャスなお店だ」と理解します。ソファーは席が空くのを待つ時に使いますが、いかんせん長居する前提のお店なので満席で入店できなかったら時間をあけて予約して出直したほうがいいでしょう。

ちなみに、受付には普通の黒い制服を着た人がいます。バニーガールではない普通のスタッフは男性も女性も制服です。

フロアはゆとりのある空間

エスカイヤクラブの店内見取り図

かなり大ざっぱですが、横浜店のフロアの見取り図です。幸いなことに私は端の席に案内されたので全体を見渡すことができました。といっても合間に支柱があったし、遠くの方は流石によく見えなかったのでかなり省略しています。

基本的に最低4人席のようです。1人で行っても4人席に案内されました。席は高級感あふれるソファーです。各テーブルの間隔は広く、テーブルの横にお酒のボトルを置く小さな台が置かれます。

入口とフロアの間にはグランドピアノが置いてあり、1時間ごとに30分間の生演奏が流れます。曜日によってピアニストが変わるようで、ピアニストのファンも結構いるようです。

客層は年齢高め

全体的にお客さんの年齢層は高め、40~50歳くらいが多いように感じました。特に男性の2~4人組が多かったですね。まったり二人で話している(途中から寝ていたぞ…)テーブルもあれば、ひたすら話しているテーブルもありました。

でも夫婦で来ている人や、娘さんを含めた家族で来ている人もいました。会員本人だけでなく、同伴という形で家族・友人も入店できるシステムがあります。

>>目次に戻る

 エスカイヤクラブのバニーガール

エスカイヤクラブはガールズバーやキャバラクではないので、バニーガールはウェイトレス業務を通してお客さんをもてなします。そのためバニーガールと仲良くなることを期待するのはお門違いです。

接客は一流

会員制クラブということもあり、エスカイヤクラブに在籍するバニーガールの接客は一流です。体感的には高級ホテル・レストランと同レベルと考えて問題ないでしょう。彼女たちは席への案内から始まり、注文を取り、料理屋お酒の提供まであります。まだ彼女たちの全てを把握したわけではありませんが、メニューにあるお酒の味を把握しているようで、例えば「飲みやすく、甘みがあるウイスキーが飲みたい」というと「これがおすすめです」と応えてくれます。

スタイル抜群

バニーガールとして働く女性はみなスタイル抜群です。ここははっきり言わせてください。みんなおっぱいでかいです。胸元を見ると衣装からほぼはみ出しています。どうやったらそこを見ないで話せるだろうか、いや、不可能です。特に「接客リーダー」という役職の方はすごかったなぁ(遠い目)。そんなバニーガール達を見ながら食べる料理とお酒は格別です。

バニーの衣装について

バニーの衣装は複数のカラーがあります。青、白、黄色、緑などのほか、フルーツの柄が入ったバージョンもありました。オーソドックスな白と黒は役職(接客リーダー等)が着るらしく、何か問題があればその方々に声をかけるとよいそうです。ちなみに、衣装は大阪で職人によるハンドメイドらしいです。エスカイヤクラブの衣装はお尻につける尻尾がやたらでかくてフサフサです(笑)

衣装に関して驚いたのが、なんとタイツは支給品で統一されており、口紅の色までもみんな同じ色であることです。バニーのカラーが複数ある中で、それ以外の統制はしっかりと取られているんですね。

>>目次に戻る

料金システム

エスカイヤクラブはあくまで会員制クラブなので、会員費以外は実際に注文したお酒や料理の値段通りに支払いをします。値段的にはやや高めのレストランという認識で良いでしょう。

価格例
オルドパー12年 ボトル15,500円 ショット600円
マッカラン18年 ボトル4,4000円 ショット1,800円
プレミアムモルツ生 680円
中瓶 680円

指名・同伴について

まず、エスカイヤクラブはキャバクラでもガールズバーでもないので俗にいう「指名」はありません。ただ、Yahoo知恵袋では「カマンベールチーズのオーブン焼きを注文した際の取り分け方に個性が出るので、その役割を特定のバニーにお願いすることは可能」というコメントがありました。真偽は定かではありませんが、できるとしたらその程度なのは間違いありません。ただ私も何回か目にしていますが、たまたま通りかかったバニーが忙しそうでなければ声をかけて少し話すくらいは許されていると思います。

次に同伴についてですが、キャバクラにある「同伴」も当然ありません。しかし、エスカイヤクラブの会員本人の友人・家族と一緒に入店することは可能です。公式にはこの同伴料金がいくらか明記されていませんでしたが、私が友人と一緒に行ったところレシートには「ビジターフィー」として1,404円が加算されていました。非会員である友人は特に名前を書いたり、身分証を提示したりすることなくすんなり入店できました。まぁ、もしなんかあったら会員に全責任が行くこと前提ですから、誘う友人・家族はしっかり選ぶことが大事ですね(笑)

オンラインキープボトル

グレンフィディック15年

エスカイヤクラブはショットでも飲めますが、「オンラインキープボトル」システムがあるのでボトルを入れることにしました。普通のお店のキープと異なり、エスカイヤクラブではボトルを購入したお店以外でもマイボトルを飲むことができるのです。旅先の他店舗でもマイボトルを飲めるのは画期的なシステムですね。

私も早速ボトルを購入しました。グレンフィディック15年15,500円です。ボトルの中では最安値の部類です(笑)でもどうせ高いお酒も味がわからないので、いいんです!それより、ここのコースターはかなり厚みがある紙で、子供のころに遊んだメンコより厚いです。細かいところもハイグレードなエスカイヤクラブ最高です。

士幌黒牛おにぎり

士幌黒牛おにぎり

ここは料理も超美味しいです。士幌黒牛おにぎり(5個)2,200円を注文しました。おにぎりっていうから大したものを想像していませんでしたが、これはやばい(笑)。士幌は「しほろ」と読み、北海道の地名で牛肉ブランドのようです。おにぎりというかいわゆる肉巻きですが、その上になんかの葉を揚げたものが載っています。

士幌黒牛おにぎり

横からよーく見ると、とろりと流れるチーズ。肉の旨み、肉汁がしみ込んだ米、とろ~りととけたチーズが口の中で最高の味わいになって楽しめます。またこの揚げた葉から感じる微かな苦味がいっそう肉の旨みを感じさせてくれます。

スペイン産ラルポークのグリル ペッパーソース

スペイン産ラルポークのグリル ペッパーソース

横浜店の4月のおすすめメニュー「スペイン産ラルポークのグリル ペッパーソース」(2,000円)です。メニューに載っていた写真とは若干違いますが、それでも美味しいです。肉と脂のバランスが良いですね。パサパサ過ぎず、脂ギッシュ過ぎず、個人的に食べやすい豚肉でした。パンは「パンが欲しい!」と言ったらつけてくれました(料金不明)。

海老クリームパスタ

パスタ

あんまり食べる気はなかったのですが、豚肉食べ終わってお酒を飲んでいたらバニーガールに「ナッツなどお持ちしましょうか?」と声をかけられたので、調子に乗って頼んでしまいました。なんか、エビが入っているパスタです。見た目に反して結構ボリュームがあります。個人的にはクリーミーとか、エビとかよりも、トマトベースが好きなので…微妙でした(笑)2,200円なので、意外と高いです。

豚肉のとん平焼き

エスカイヤクラブのとん平焼き

正式名称は忘れ巻いたが、肉料理ジャンルにあったとん平焼きです。豚肉をがっつり使っています。チーズ、ソース、マヨネーズがかなりパンチ効いています。ビールがめっちゃ進む(笑)

フォアグラの海苔巻き

エスカイヤクラブのフォアグラの海苔巻き

フォアグラの…海苔巻き?最初見た時はびっくりしましたが、とにかくこの発想はなかった。ただフォアグラよりも海苔の味ばかりが…素朴な味です(笑)いつか将来、子供ができたらお弁当に入れて「あ、今日はフォアグラの海苔巻きだ~」て言わせたい。

>>目次に戻る

入会条件~手続き完了までの流れ

エスカイヤクラブ入会条件
1.27歳以上の男女で自営、または管理監督職以上の方
2.会費のお支払いは口座振替
3.会則承認の上、入会申し込み

まぁ実質的には1番目の条件をクリアしているかどうかでしょう。幸い私は34歳で、ホームページ制作会社(※1人(笑))の代表なので審査は無事通りました。年収はもちろん、会社経営の場合は資本金を記載する項目もあったような気がします。

エスカイヤクラブ公式サイトから資料請求すると以下の申し込み書類が届きました。記載項目が結構多くて面倒でした(笑)

エスカイヤクラブ申込書類

まぁそれで現在は一応カードが届いたのですが、申込みからカードが届くまで3週間近くかかりました。行こうと思ってすぐに行けるものではないので、もし大切な用事に使うことを考えている人は早めに申し込みをしましょう。

エスカイヤクラブの会員カード

しかも最初に届くのは「仮会員証」(写真)です。正会員証はさらに2~3週間後らしいです。仮会員証でも普通に店舗を利用できます。ただし、オンラインキープボトルは正会員証から有効になるので、仮会員証の間はボトルを購入したお店でのみマイボトルを飲めます。

>>目次に戻る

退会方法

エスカイヤクラブの退会書類

2018年末、エスカイヤクラブを退会しました。なぜなら…行く機会があまりないからです!だって!ガールズバー行きたいんだもん(笑)

という訳で、エスカイヤクラブの退会手続きを行いました。会員カードの裏に記載されている電話番号に電話したっけ?ともかく、電話して退会書類を取り寄せることから始まります。

ちなみに、退会したい月の翌月10日までに返送すれば大丈夫です。なぜなら、会員カードを書類に同封するからです。退会する月の末日まではカードを使えますね。

短い間でしたが、お世話になりました(‘_’)

>>目次に戻る

アルバイト情報(バニーガール)

時給:2.000円~(研修期間45時間は時給1,800円)
勤務曜日:月~土(日・祝日定休)
勤務時間:17時~23時30分
※1日3時間~、週2日から応相談。制服貸出、昇給あり、交通費補助、賄いあり。
※銀座・日比谷店は時給2,200円~

流石に待遇は良さそうですね。ただ接客のレベルが高いので、それができるかどうか個人の資質が求められそうです。もちろんお酒を飲めないとお客さんの質問にも答えられないので、その辺りも選考に関わってきそうです(推測)。

余談ですが、バニーガールの人曰く、一応身長160cm以上という目安もあるそうです。ただそれよりも多少低くても採用されることもあるようです。あと結果論かもしれませんが、皆さんナイスバディーです。

>>目次に戻る

エスカイヤクラブ横浜店のアクセス

エスカイヤクラブ横浜店
営業日:月~土(日・祝日定休)
営業時間:17時~23時30分
電話番号:045-311-1190
住所:横浜市西区北幸1-1-13 コンフォート178ビル 9F
>>エスカイヤクラブ公式サイトはこちら
エスカイヤクラブ横浜店はJR横浜駅の西口から出て、鶴屋町に向かう途中にある「エキニア横浜」の隣のビルにあります。最初はちょっとわかりづらいですが、意外とアクセスは良いです。ただ9階に上がるまで居酒屋を何軒か通るので、エレベーターは結構混雑します…(笑)

 

横浜の風景

横浜駅のガールズバーおすすめ比較ランキング

2018年5月30日

 

The following two tabs change content below.

シンシン

Girl’sBar Online管理人です。ガールズバーの紹介(行った感想)は基本的に私が書いています。ガールズバーに通いすぎて思考回路が全てガールズバー基準です。

最新記事 by シンシン (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA