【ガールズバー】嫌われる客の特徴TOP10

嫌われる客

どんなお店にも必ず1人はいる「嫌われ客」。あなたも知らない内にそんな嫌われ客の仲間入りをしているかも?前回は好かれる客と嫌われる客の特徴をまとめましたが、今回は私の独断と偏見で嫌われる客の特徴をランキング形式でまとめました。ガールズバー玄人の方も、一度初心に戻ってお読みください。

1位 お触りをする

1位は何と言っても「お触りをする人」。なんとなく触っても良さそうな雰囲気があるのか、お酒のせいなのか分かりませんが禁止事項として掲げていても触ってくる方はいます。キャストもお客さん相手だとあまり強くは言えません。なので「意外と大丈夫かも!」と思う方も居ますが、触られたキャスト側は怒りではらわた煮えくりかえっています。

ちなみに、お触り禁止を掻い潜るべく握手を求める方がいますが(握手して怒られる店は無い)、神経質な女の子はその握手も嫌がります。

最近バニーガールのような際どい制服のガールズバーが増えてきています。露出が多い=多少触ってもOKのような勘違いをされる方が多いですが、露出度合いに関係なくお触りは禁止です!ちなみにバニーガールの衣装では、身に着けている耳や尻尾も「身体の一部」という認識なので、安易に触らないようにしましょう。

2位 お説教をする

ガールズバーのキャストは10代・20代が多く、自分の一回りも二回りも年下なので人生のアドバイスをしがちです。それが良いアドバイスなら参考になるのですが、大体の方はお説教じみています「えーそれはダメでしょ。もっとこうしないと!」なんて言うのは最悪です。それよりも「それはいいね!でも、こうしたらもっと良いんじゃない?」と言った方が女の子も嫌な気持ちにならずに受け入れることができます。

実際にあったのは、自分の生き方をお説教されて嫌な気持ちになったので話半分に聞いていたら、「人の話をまともに聞かず、よく接客業ができるな!」と更にお説教されたこと。それからそのお客さんとは一切お話しすることは無くなりました。

3位 ドリンクをくれない

キャストに必ずドリンクを与えなくてはいけない、というルールはありませんがわざわざあげない意図はなんでしょうか。高くても1,000円程をケチるメリットはお金が浮くことですが、一方でそれがキャストの不満となり会話が盛り上がらなくなって楽しくなくなることは目に見えています。その場が楽しめなかった=その日払うチャージ料なども無駄になるので、お財布的には1,000円浮いたはずが何千円の損失となるのです。

そう考えるキャストにドリンクを与えて一緒の時間を楽しみ、払った分キッチリ回収するのが賢い選択だと言えます。

4位 他のキャストの話をする

嫌われる客

意外とやりがちですが、例えそれが良い話でも悪い話でも聞いている側としては複雑です。特に仲良いわけでもないキャストの褒め話だったら「今付いてるの私でごめんね」となるし、悪い話だったら純粋に聞きたくありません。ただし話題となるキャストが仲良い子だったら、良い話なら一緒に喜べるし悪い話ならフォローできます。もし他のキャストの話をしたかったら、話す相手を見極めましょう。
5位 喋ってくれない

稀に「付き合いで連れてこられただけから、話さない」というスタンスのお客さんがいます。もしかしたら本当に嫌なのに無理やり連れてこられてしまったのかもしれません。しかしキャストとしては、何を話しても「はい」か「いいえ」でしか答えてくれない相手はかなりやりづらいです。

過去に何を聞いても「はい・いいえ」でしか答えてくれない方がいて、試しに何も喋らないでいたら無言のまま終了時間を迎えたことがあります。

6位 プライベートに深入りしてくる

初対面なのにいきなり住所や本名を聞いてくる方がいます。そういう人に限って、「住んでるところ近いね!今度会おうよ!」店外へ誘おうとします。何度かお店に通ってくれていて心を開いている相手であればキャストも教えますが、知らない人にあれこれ話すほど無防備ではありません。キャストによっては昼職と掛け持ちしている場合もありますが、初めの内は仕事の話も避けた方が良いでしょう。

7位 店外への誘いがしつこい

指名や同伴がないお店の場合、お客さんと店外へ行くことになんのメリットもありません。何回も断られているのに誘い続けているなら、今すぐやめましょう。

指名や同伴システムがあるお店でも頻繁に断られるとしたら、拘束時間が長い可能性があります。キャストの負担にならないように時間配分を見直しましょう。

8位 話すとき唾が飛ぶ

話していると時々唾が飛んでしまうことはありますが、それが「口を開けば唾が飛ぶ」くらいの頻度だとかなり気になります。自覚があるなら話すときに口元を抑えるとか、顔の向きを少し逸らすなど工夫しましょう。

9位 写真を撮る

撮影禁止

お店によっては「店内撮影禁止」の場所もあります。特に衣装の際どいお店で頑張って隠し撮りをしている方が目につきますが、不自然なカメラ(スマホ)の向け方をしているのでバレバレです。ガールズバーで働いていることを内緒にしている子もいるので、写真が出回ってしまったらトラブルの元になりかねません。

10位 頻繁に連絡を取る

出勤日が知りたくて連絡先交換したものの、日常の何気ない話ばかり送ってしまっているという方は注意!基本的にキャストはお客さんの日常には興味がありません。それがとても面白い話とか、自分にとって有益な話であれば良いですが、そうでなければめんどくさいメールが来たくらいの認識です。自分から送るとしても頻度を少なくし、女の子から連絡が来るのを待ちましょう

たまに本当に連絡するのを忘れるときがあるので、どうしても来なかったら「出勤日いつ?」と確認メールを送りましょう。「最近連絡こないね」といった重たい言葉は厳禁です!

まとめ

あなたはいくつ当てはまりましたか?嫌われる理由の半数が、会話中にあることが分かります。女の子は共感されるとかなり嬉しいと感じるので、否定はせずに肯定してあげると「分かってくれてる!」と思われ心を開いてくれます

清潔感のある男性

【ガールズバー】好かれる客の特徴TOP10

2018年5月31日
The following two tabs change content below.

かわちゃん

とあるお店で働いているフリーター女子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA