ガールズバーでのお客さんとの連絡先交換事情

ガールズバー
さあて、ガールズバーで働くぞ!と決めたものの、色々不安に思うことってありますよね。ちゃんとやっていけるか、お客さんと話を盛り上げられるだろうか、お酒でつぶれないか、連絡先の交換はどうなのか…。お酒やお話は自分の采配でどうにかなっている話は聞きますが、連絡先の交換で悩んでいる女の子を良く目にします

今回は、キャスト向けにお客さんとの連絡先交換の実際についてまとめたいと思います。男性の方は「【必見】ガールズバーの女の子と連絡先を交換する方法」をご覧ください。

連絡先の交換は必須か?

(連絡先交換OKのお店では)女の子の自由。ただし連絡先交換することで利益(指名バックなど)に繋がります。
最初に女の子が見るガールズバーの情報は、求人サイトだと思います。この求人サイトの募集要項に「連絡先交換禁止・交換はさせてない」と書いてあるところもあれば、何も書いていないところもあります。正直書いてあっても、面接に行くまで本当はどうなのか分からないというのが現状のようです。募集には禁止と書いてあっても、「少しはしてもらわないと…お客さん呼んでほしいな」みたいなこともあるようです。もちろん本当に禁止していて、中には交換したら女の子が店に罰金を払わなければならないお店もあるようです。

ただ「ガールズバーに従事している人間はお客さんに連絡先を交換しなければならない」なんて法律はないので、どうしても嫌!という人は意地でも交換しないというのも有りだと思います(笑)ただお店や他の女の子の風当たりが冷たくなるのは目に見えているので、体入をするなり面接に足を運ぶなりして「連絡先交換禁止」のお店を探すのが賢明です。

逆に「全然気にしない、むしろ業務を円滑にするためにお客さんと連絡先交換したい」という子もいるかもしれません。そういう子は禁止のお店は避けましょう。何からバレるか分かりません。

>>目次に戻る

連絡先交換のメリット・デメリット

メリット:指名客になってもらえる・ご飯やプレゼントのおねだり
デメリット:後々めんどくさくなることもある
健全なガールズバーには指名や同伴というシステムは存在しないので、連絡先交換して女の子側に良いことがあるかというと特に無いと思います。思いつくのは、お店とか営業とか関係なく外で美味しいご飯が食べられたり、どこか遊びに連れて行ってもらえるくらいでしょうか。しかし実際は、指名や同伴システムのあるガールズバーがほとんどです。なので、営業を掛けるために連絡先交換をすることは自分にとってメリットに繋がります

メリット

意外と働かないとわからないメリットとしては、自分の出勤日を教えられること。知らないお客さんと話すより、ある程度知っている人と話した方が気持ち的に楽という子にはおすすめです。また事前に連絡することでお客さんが差し入れを買ってきてくれることもあるようです(そんな高価なものではありませんが、栄養ドリンクとかドーナツとかちょっとしたもの)。後は各種イベント(特にバースデーイベント)を告知してお客さんを呼んだり、プレゼントをねだることも可能です。

デメリット

一方でデメリットとしては、外で会いたがられることです。もちろん、個人的に気に入っているお客さんと外で会うのは(店が禁止していない限りは)女の子の自由です。しかし、上記のメリットのために連絡先を教えたのに外でなんて会いたくない!って子もいますよね。のらりくらりとかわせるタイプであれば問題ないですが、「少しだけなら…」と思って会ってしまうと味をしめて外で会うことばかりを求められるようになってしまいます。それ以外にも「たくさんプレゼントしたのに全然会ってくれない」などと見返りを求められることもあるようなので、注意が必要です。

連絡先を交換すべき人と交換してはいけない人

以上のメリット・デメリットを踏まえると、連絡先を交換すべき人と言うのは「継続してお店に来て指名してくれる人(お金を使ってくれて自分にとってメリットとなる人)」のことを指します。ただこんなパーフェクトな人はなかなか居ないので、もし連絡先交換を迷ったら「次来た時に交換する」と言って様子を見る他の女の子にそのお客さんのことを聞くとりあえず交換してみて不都合があればブロックする、などの方法で対処すると良いです。

逆に連絡先を交換してはいけない人は、簡単に言ってしまえば「お金を使わずに男女の関係を求めてくる人」です。こう言った人はお金が無いかケチなので、お店であなたのためにお金を使う気はありません。もし連絡先交換した人がしつこく誘ってきたりしたら、店長に相談したうえでブロックしましょう(勝手にブロックするとお店とお客さんの間でトラブルになる可能性があります)。

>>目次に戻る

交換した後のやり取りの頻度

ガールズバー
いざ連絡先を交換すると、お客さんによっては鬼のように連絡してきたり必要最低限しか連絡してこなかったりとまちまちです。お客さんに合わせて対応できるなら良いですが、中には数時間返信しなかっただけで「あれ、送れてない?おーい」みたいなメールを送ってくる方もいるのだとか…(笑)なので、頻度はどのくらいかという疑問については「お客さん次第」としか言えませんが、頻度をコントロールする方法はあります。

友人が使っていた方法は、「送りすぎ!」とズバリ指摘すること。君はどうせ暇でしょ、と思っている男性も残念ながら居るので「さすがに即レスは無理ですよw」とか、「日中は仕事(授業)なので返せません(‘◇’)ゞ」などと言えば角も立たないでしょう。あなた自身がお客さんに媚びてないキャラだったら、「スマホほとんど見てないから」と言うのも有効だと思います。次の出勤日が決まっていればそれを伝えて「おやすみ!」とやり取りを終了するのも良いと思います。

>>目次に戻る

オススメの連絡アプリ

今の時代だと、「ライン教えて」が圧倒的に多いです。でもラインって、友達とお客さんのやり取りが混ざってしまってなんだか雑然としてしまうようです。女の子によっては「なんとなくラインは嫌」という子もいます。そこで登場するのがカカオトーク。お客さんにカカオトークをインストールしてもらって連絡用に使うのがおすすめです。どうしてもカカオが嫌という人には、gmailのアカウントライン@を営業用に作って交換するのが良いでしょう。

>>目次に戻る

まとめ

連絡先の交換は、禁止されていない限りはかなり自由なことが見受けられます。交換したことによるデメリットもありますが、私の周りにいる子のほとんどが特に問題なく楽しくやっている印象でした。ただ自衛も必要なので、誰彼かまわず交換しないのもポイントです。「この人なら」と思えない限りはお断りをする、そのために他のお客さんと連絡先交換していることをむやみに話さないことが大切です。

 

The following two tabs change content below.

かわちゃん

とあるお店で働いているフリーター女子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA